会社概要・沿革OUTLINE & HISTORY

会社概要

商号 東工シャッター株式会社
本社所在地 福井県鯖江市熊田町1-100
設立 昭和32年(昭和30年創業)
資本金 9,800万円
代表者 代表取締役社長 佐々木知也
事業内容 イスターカーテン・エクステリア・住宅商品の開発、製造、販売。
東工シャッターが手掛ける商品のコンセプトは「空間の有効利用」。
○イスターカーテン
明るく開放的な空間を実現できる折りたたみドア「イスターカーテン」。安全・安心な建具として様々な用途に採用され、高い評価をいただいています。
○エクステリア
住まいのフロントをグレードアップする車庫前商品。洗練されたデザインと機能は、街に調和しハイグレードな暮らしと創造します。
○住宅商品
圧倒的な開放感を実現できる住宅用全開放窓「ウインドイスター」。全開放窓は大手ハウスメーカーで採用されています。
従業員数 173名(平成28年4月現在)、グループ全体 247名
建設業許可 国土交通大臣(般-26)第3030号
主な得意先 全国アルミ建材メーカーおよび販売店、大手ハウスメーカー
建築設計事務所、ゼネコン、工務店、店舗内装業者、エクステリア建材店
主要取引銀行 北陸銀行・福井銀行・商工中金
本社工場 敷地45,000m2(約14,000坪) 建物25,000m2(約7,500坪)
ISO ISO9001(平成20年3月認証取得)
加入団体 一般社団法人 日本シヤッター・ドア協会
グループ会社 北陸東工シャッター株式会社
東工テックサービス株式会社
東公商貿(上海)有限公司

会社沿革

昭和30年12月 故:佐々木義一が福井県福井市にてシャッター販売代理店として創業
昭和32年12月 資本金100万円で東工シャッター株式会社として法人設立
福井県福井市四ツ井本町に工場を建設し、シャッターの製造・販売を開始
昭和44年8月 全面蝶番を採用したアルミ製4枚折れ戸を日本で初めて開発し全国販売
昭和45年3月 シースルーシャッター“イスターカーテン”の製造・販売を開始
昭和50年4月 アルミ製伸縮門扉“カーテンゲート”を日本で初めて開発し製造・販売を開始
平成4年3月 住宅用全開口サッシ“ウインドイスター”を日本で初めて開発し製造・販売を開始
平成15年12月 北陸東工シャッター株式会社を設立
平成19年2月 東工テックサービス株式会社を設立
平成20年3月 ISO9001の認証取得(本社工場)
平成26年3月 資本金を9,800万円に増資
平成26年10月 “イスターカーテン”がグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。
“シャレート”がグッドデザイン賞を受賞
平成27年9月 中国上海に東公商貿(上海)有限公司を設立